園芸の最近のブログ記事

園芸品種で自然農とはかけ離れているけど、
自宅のプランターを整理していろいろ植え直しました。

野菜は育つのが楽しみ。
花は形がこんもり整うのが楽しみ。

あと、伸びすぎたカポックの上半分を切って、
何等分かにし葉を落として挿し木にしました。
こちらはうまく根が出るか心配です。

毎日走るばかりじゃなく、
まとめ走りで休足日を多めにとるため時間ができていろいろ楽しいです。


380189_382964531747301_100001012736553_1128531_330780617_n.jpg
トマト

557784_382964481747306_100001012736553_1128530_125175748_n.jpg
ゴーヤのプランターにきゅうり。できたら漬け物にします。

385696_382964428413978_100001012736553_1128529_933952325_n.jpg
ゴーヤ2本。

560697_382964388413982_100001012736553_1128528_822369042_n.jpg
茄子。なすも漬け物にして食べます。ぬか漬け。

538672_382964345080653_100001012736553_1128527_1736597199_n.jpg
エケベリア(名前わからないひろったもの)のプランターの隙間にスイートアリッサム。

574676_382964201747334_100001012736553_1128525_785054014_n.jpg
通年植えっぱなしのアサギリソウとアイビーの鉢にラベンダーを植えました。

564210_382964128414008_100001012736553_1128524_1987379517_n.jpg
ペチュニア。

524648_38296426174あ.jpg
ペチュニアとポリゴナム。うまく垂れてくれるといいのだけれど。
水やりを忘れない様にしないとすぐ枯れる。

ハチはなぜ大量死したのか

この本だいぶまえから読みたかったのですが、おこづかいが足りないので
後回しにしていました。

この間、図書館で発見したのでさっそく読みましたが
なかなか奥が深く、専門的でとぎれとぎれのお話で
読み進めるのに時間がかかりました。

でも、思ってた以上の内容でした。

主には蜂群崩壊症候群(CCD:Colony Collapse Disorder)のお話なのですが、
ミツバチが関わる農業のお話、食のお話、自然環境のお話なのです。

すでに今ミツバチだけに限らず、受粉活動をする虫たちの危機なのかもしれません。

結局はこれだ!という答えは示されていませんが、疑われる原因について
ひとつひとつ丁寧に検証して行くスタイルです。

なかでも心に残ったのは、

・アーモンド農場での受粉に大量のミツバチ
・微量な農薬の幼虫への影響
・ダニによる自然淘汰
・ミツバチ以外の受粉動物が繁殖できる環境が農地の周りで減っている
・人間が考えた蜂の巣の基盤を利用するよりハチに任せた自然の巣作りの方が蜂蜜の量が多く作られる

☆環境問題に興味が有る人は必読だと思います。

ミツバチの大量死は農業の工業化によって歪みが生じている証拠だと思います。
受粉させるためだけに、大量に投入されるミツバチ。
不自然な状態で生産されて行く私たちの食料。農業だけでなく畜産も水産も。

人間の繁栄の為、とめどなく効率化を求められ続ける。
その結果、人間自身にしっぺ返しがくるのでしょう。
環境は、地球は、軟弱ではない。
人間にとって都合が悪くなるだけで...


ハチはなぜ大量死したのか

ハーフマラソンの翌日だったけど、
宇治の植物園に行った。

今はまだそんなに花が無い時期。
でも菜の花と桜がとってもきれいでした。

足はたいして痛んでいませんでした!

CIMG0643.jpg

CIMG0647.jpg

CIMG0648.jpg

CIMG0654.jpg

今朝はなんと、西山の上の方に積雪がありました。
CIMG0625.JPG


写真を撮ろうと家の外に出ると、
2年前に植えたクリスマスローズに初めて花がついているのを発見しました。
クリスマスローズは一般的に発芽後3年ほどでようやく開花します。
いろんな種類があるのですが、白が好きです。

そして先週届いたVibram[ビブラム] FiveFingers。
上の弟に勧められて洗脳され即買いました。

CIMG0627.JPG

昨日初めてはいて走ってみました。

3.25km 21分41秒。

これまで使っていなかった足の筋肉を使う事になる為、徐々に慣らす必要がありそうです。これまで分厚いランニュングシューズをはいていたのと比べて、クッション性はゼロですが、足が地面に引っかかる様な感じはしないし、とても軽やかで爽快です。

調べてみると、ランニングのフォームにはいろいろあって、
・ヒールカップストライク走法
・フラット走法
・フォアフット走法
とあるようです。

上の弟が言うには、人間はそもそも靴を履いていない状態が自然で、分厚くてクッション性があればあるほど、足への衝撃が本来のものと違う伝わり方をして膝などに不具合をおこすと言う事なのです。
そういう論文がネイチャーに発表されたそうです。

下の弟の本格的な走りのコーチをしている父はそれに対して否定的な考えです。

どちらも正しいのかもしれませんが、「自然な走り」というのが私には魅力的に感じるので、しばらく自分の足で実験しようと思います。
でも無理は禁物。

ところで、タイでおもろい坊主になった藤川チンナワンソ清弘和尚さんが先月がんで亡くなったそうです。坊さんになった藤川さんに合ってみたかったのですが...。

時期が悪かったかなとあきらめて放置していた、
去年植えたブロッコリーが大きくなっていた。

100305_1553~0001.jpg

先週の金曜日の朝、少しだけ走ろうと思って走ったら雨が降って来た。
5.21キロ38分程度走って、明日きっちり..と思っていたら、
夜に熱が出て、次の日も1日寝たきりになった。

それ以降、胃痛と肩首の痛みがひどく、なかなか走れる状態にならなかった。

欲張って走るとだめだなぁと痛感した1週間であった。

昨日は夜にゴルフの練習をした。
3〜4ヶ月ぶりのうちっぱなしだったけど、
予想してたよりひどくなかったので、今月のコースデビューでは
なんとか前に進んで行けそう。

上の弟が膝が痛くなるのは靴を履くからと力説し、
素足に近い状態の靴がある事を教えてくれた。

とりあえず、注文してみた。

届いたらちょっとずつ(3キロぐらいから)走ろうと思う。

tomato.jpg
生き残ったトマトさん

kyuri.jpg
小さいきゅうりさん

goya.jpg
かわいいゴーヤさん

ゴーヤはいっぱい実がつきそうです。

ずっと雨や用事で走れませんでした。
このままでは三日坊主までもいかず、二日坊主になってしまうので、
雨の中、強行しました。

3kmぐらいは走ろうと思ったけど、
雨が強くなったため途中で引き返しました。

強風でわたしの大事なトマトが半分ぐらい落ちてしまいました。
一つは赤くなりかけていたんですけど。
残念。こういう事もあるのですね。

後で聞くと、トマトの植木鉢がころんで道路に横たわっていた様です。
その衝撃で落ちてしまったと。納得。

2012年4月: 月別アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち園芸カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはリンクです。

次のカテゴリは芸術です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。